2007.02.17  

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 高専時代の恩師に何度となく教えられた言葉です.トンネル効果という,電圧を上げると電流が減少するという特殊な現象を発見した江崎玲於奈が,発見の元が別の人が作ったトランジスタの不良の原因調査だったことに関して発した言葉だそうです.「彼は結果を見ていたのに,現象としては見えていなかった.」同じものを見ても,そこに何を見出すかはその人によって違う.誤差として棄ててしまうか,新発見として結実させるか.その着眼力こそが江崎玲於奈の才能だった,とか何とか…….

 そんな言葉を思い出さずにいられなかったプロダクトを2つ紹介します.

Joseph Graceffa(IDEO) 「The Spinning Disc」
Joseph Graceffa (IDEO) 「The Spinning Disc」

 木のオーディオセット.「何故,CDプレイヤーにとって最もダイナミックな部分である『回転するディスク』がユーザーから見えないのか? シンプルだけど,躍動感のあるCDプレイヤーの機能は視覚的に認識させられるし,そうあるべきだ」というわけで,回転するディスクがウォルナット角材の隙間から半分見えているという仕掛けです.
 同じコンセプトはMETAPHISの「lunacalante」で,よりエレガントに提案されているし,確かに無垢材のボディは目新しいけど,ここで注意して欲しいのはそんなとこじゃありません.

 この,特に左側の写真,見覚えありませんか? 僕は言われるまで気づきませんでした.

 このプレイヤーは「ウォルナットの角材をスライスしている丸ノコ盤」をモチーフにしてるんだそうです.そう,僕たちが毎日見てる,ていうか格闘しているアレですよ.アレはどう考えても格闘する対象であって,実際毎日格闘してる人が,それをCDプレイヤーに見立てる余裕なんてある訳が無い.部外者の目って面白い!と思うか,こんな身近なところにこんな面白いモチーフが転がっていたのに完璧にスルーしていたことを悔やむべきなのか.

 そう言われてみると,本体側面に刻まれたノコ跡(ツースマーク tooth mark=歯形と言います)もチャームポイントとしてしっかり効いてくるから不思議だし.ちなみに左右のスピーカーのサイズは,真ん中で丸ノコが今まさにカットしようとしている角材と同じサイズだそうです.

 ホント,芸が細かいなー(笑).


Daniel Rohr 「screw_rack_clamp」
Daniel Rohr 「screw_rack_clamp」

 もう1点はこちらです.

 ……もはや何も言うべきことはありません(汗

SHARE THIS ARTICLE

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT AND SHARE

COMMENT

POST A COMMENT

TRACKBACK PINGS

TRACKBACK URL:

http://www.k-en.net/blog3/mt-tb.cgi/4